水と人の関係性とは

私たち人間の身体は、水と切り離せない関係にあります。
私たちの体の大部分は、水分でできていると考えられているからです。
乳児の場合は身体の約80%が水分だと言われていますし、成人の場合は身体の約70%が水分だと言われています。
年齢が若い程体の水分量が多く、年齢が高くなるにつれて水分量が少なくなるのです。
肌も若いときはみずみずしいですが、年齢が高くなると乾燥してきますよね。見た目にも、水分量の違いが分かるのではないでしょうか。

若いときはそのように、8割7割が水分だと言われていますが、老人になると体の約50%が水分になります。
若い時と比べると、だいぶ水分量が減っていますよね。
それでも半分が水分なのですから、人の身体がどれだけ水分に支えられているかが分かります。

一般的に、人体の60%は水分でできています。
年齢によって水分量は変わってきますが、平均すると大体それくらいになるのです。
私たち人間が生きていくためには、水は絶対に必要なのです。水分量が減ってしまったら、私たちは死んでしまうのです。
食べ物は、数日食べなくても死ぬことはありません。
しかし水分は、数日取らないとすぐに体が弱ってしまって命を落としてしまうこともあるのです。
暑いときなどは、1日水分を取らないだけでも命取りになってしまうことがあるのですから、私たちは絶対的に水分の必要な身体なのです。

食べ物を食べると、人の身体は動きます。
食べ物を食べることでエネルギーになり、エネルギーを吸収したり消費したり動くことができるのです。
そして脂肪燃焼したり脂肪構築したり、体を作っていくのです。
そのように体の中で起こる反応は、化学反応です。
それらの化学反応はすべて、体の中にある水分があるからこそできることなのです。
体の中に水分がなければ、そのような化学反応は起きないのです。

つまり、私たちの体の中に水分がなければ生きていく上でさえ好きな栄養の吸収やエネルギーの発散などができなくなるということです。
血液が、私たちの体中に栄養を行き渡らせてくれます。
そして心臓を動かしてくれます。ホルモンを調節してくれます。
血液も水分ですよね。

Copyright (C) 体の全てを司るもの All Rights Reserved.